もう2018年ですか 、それともまだ2018年ですか。

こんにちは、ノエルです。

2018年になりましたね。

私にしたら、「もう2018かよ」って感じです。

去年はとても激しい一年でした。

年の始まりは割とスローペースだったので「ああこんなもんかあ」と呑気にしていたんですけど、半年が過ぎた頃かな、6月から一気に変化の年となりましたわ。

一年通ったモントゴメリカレッジからメリーランド大学に編入したのが大きかったんでね。あと、専攻を本格的にアートにしたこと。

あそうそう、それとトラべロコを始めたのも大事な前進でしたね。

要するに、海外在住の日本人が「ロコ」として日本人を対象に観光や英語の手続きなどのサービスを提供する仕組みなのですが、これまで半年の間に6件くらい依頼があったのでなかなか良い調子に観光サポーターとしての道は開けたんじゃないかと思っています。

本当のところは毎週末やりたいところなんですけど、そんなに日本人いないし、トラべロコもまだまだ発達途中なのでそうはいきませんね。それだったら毎月の家賃が払えるのに….

お金儲け、そいうか小遣い儲けもままならない2017年だったけど、今年は本格的にビジネス始めよう。始められたら良いなじゃなくて始めるのだ。

雇われるのが本当に嫌いなので自分で始めるしかない。

お金は悪者じゃなくてやりたい事を実現してくれるお友達。

大学生を卒業=本格的にお金を稼ぐ、ではなく大学生のうちに経済的に独立する。

日本の、就職して安定した収入を得るという概念から一刻も早く抜け出して自分なりの金儲けの手段を得たい。

私が何よりお金を稼ぎたいのは、会いたい人にいつでも会える資金が欲しいから。

日本にいる家族、正反対の海岸にいる兄弟や親友に、今は会えないでいるのが嫌で仕方がない。

だから2018年は徐々に自分のビジネスに向けて力と時間を注ぐ年になる。

2017年はある意味準備期間みたいなものだったけれど、2018年は本格始動さ!

 

ノエル

自分に正直になることと日々の発見

ブログを書くこの感じ、なんだか久しぶりで新鮮。

書くことたくさんあるんです。でもね、まとまり良く見せたいという気持ちが強くなると投稿できないんです。

まとまりある文体を読者が望んでいるような気がして、書くのやめておこう、とキーボードを打つ手が止まるんです。

だけどそもそもこのブログも自分のために開いたものだから、そんなの気にしないでせっせと書けるだけ書いてやろうと、今再びブログに新たな気持ちで向き合っています。

 

最近の私は、「心の嵐に身を任せている」状態です。

しばらくここ一年半くらい沈黙が続いていたので、やっと来てくれたか~とちょっと嬉しかったり。

人間、安定を望んでは変化を望む。

どちらも同時進行。

そう望まなくても勝手にそうなってるのが人生だけど。

安定の中に変化があり、変化の中に安定がある。

 

さて心の嵐の真っただ中にいるのですが、すごくはっきりと「私はこれだ」というものが見えてきました。

見えてきたっていうと徐々に、というニュアンスが多少混じるので訂正。

「私はこれだ」というものがはっとわかりました。

言葉では表現しようのないもので、どちらかというと感覚的なものだとも気が付きました。

性格判断の必要性が一瞬にしてなくなりましたね。

今これを読んでいる人も共感できると思いますが、性格判断ってどれもなんだかしっくりこないんですよね。

なんとなくこれかなーと思っても何かが外れている。

しかし自分というものを知りたくて知りたくて、ネットや本で性格診断を続けたり、それを諦めて自分自身と問答を繰り返したり。

もちろん何も見つからなかったのですが、決してその工程も全く無駄ではなかったと思います。

それがあってこその今。

 

自分というものが分かったのと同時なのか前なのか後なのかよくわかりませんが、自分に正直になる感覚も分かるようになりました。

あえて説明すると、思考と感情を分けられるようになったのかな。

思考だと思っていた感情、感情だと思っていた思考。だいぶ上手に仕分け作業ができるようになりました。

人生楽になったなあ。

思考と感情がわかると、エゴなのか愛なのかもわかる。

今までどれくらいエゴによって生きていたかもわかる。

それを気づいた今、もっと愛を与えて生きよう。

でも私も人間。人間はエゴを持つから人間でもある。

エゴが無くなる期待は捨てて、そんなエゴを持っている自分にも愛を与えられることが幸せなんだと感じた。

 

今やっていることはエゴからなのか愛情からなのか。

 

これから年を重ねてもっとたくさんの発見をしていくんだろうな。

発見というのは後からわかること。

だからたとえ今現在つらい、苦しいと思っていても、将来の私が今の私を見て微笑んでいるのを想像しながら乗り越えています。

 

 

今日もいい日だったな。

 

ノエル

 

 

 

【名古屋池下・Shanties(シャンティーズ)】愛知県産有機野菜たっぷりな食事と思わず長居してしまう落ち着く空間が最高な穴場レストラン

こんにちは、アメリカの現役大学生ことノエルです。

アメリカの大学の長い長い夏休み(5月〜8月)を利用して日本に一時帰国しているのですが、日本滞在の楽しみの一つがレストラン・カフェ巡り。

東京のお店の豊富さには負けますが、地元名古屋も最近新しいお店がぞくぞくオープンしている様で、お店選びもいつもかなり時間がかかってしまっています…。

私がお店を決める時に見るポイントは、

 

● ベジタリアンメニューがある/ベジタリアン対応ができるか

● 有機素材を使っているか

● 落ち着いて食事や飲み物を楽しめる雰囲気か

● 高くても2000円は越えない

です。

 

日本はまだまだベジタリアンメニューを提供する所が少ないのでお店探しが少し大変ですが、穴場な所に意外とポツリとあったりするので常にアンテナはビンビンです。

 

 

地元池下のおしゃれで開放的なレストラン&カフェ

今回ランチに伺ったのは、名古屋地下鉄東山線池下駅から徒歩10分の所にあるShanties(シャンティーズ)。

3年前から、昔窯焼きピザのレストランを改装して営業しています。

とここで筆者、3年前….んん?わたしまだ名古屋にいたよね?なのになぜこの場所を知らなかったんだ???と自分の情報収集能力の甘さに悔しがるも、当時は大学受験に必死で食べる時間も寝る時間も惜しんで勉強していた生活を思い出し、「そりゃしょうがないよね。」と父を前に一人で会話をしていました。

 

Shantiesの雰囲気

名古屋カフェ店内カウンター席店内

 

ではまずレストランの雰囲気から。

まず着いてびっくり!なんと開放的な造りなんでしょう!!

ドアは取り外してパーパーとなっており、外から中が丸見えになっている状態です。

個人的に暗めトーンの青が好きなので入った瞬間「あ、ここ好きだわ」と一瞬でお気に入りの場所になりました。

写真では見にくいけれど梁などところどころ青ーく塗ってあります。はあ、落ち着く……

 

特に気に入ったのがレイアウト。

レストラン全体が同じ様な配置になっているのではなく、家具などでとてもさりげなく空間を区切っており、好みな場所を選べる様になってあります。

レストラン、バー、カフェ、リビングが一箇所に全部ある感じの、きっと設計するのにたくさん考えたんだなあと思わせますね。

 

Shantiesの食事

今回はランチに行きました。

ランチメニューは豊富だったのですが、私はお肉を食べないので唯一お肉無しのメニュー、根菜サラダランチを頼みました。

Shanties メニュー

名古屋 サラダランチ

スープとバゲット付き。1100円くらいだったかな。

ベジタリアンでも食べられるものがあるのはポイント高いですね。嬉しい。

新鮮な野菜がふんだんに使われていて、ドレッシングもさっぱりめ(人参ドレッシング)で食べやすかったです。

 

ランチでもディナーメニューと同じおつまみとかも頼めますよ。

前菜盛り合わせとが有機野菜のグリルとか気になったので次回試してみようっと。

あとここ、お酒がたーくさんありました。昼呑みにもおすすめですねえ。私飲めないけど飲みたくなる雰囲気でした。

 

サービス

ウェイターとシェフは全員男性でした。

フレンドリーでしたが、フレンドリーすぎないのが個人的に好きでした。

チップ目的というのが大きいと思うのですが、アメリカの接客ってすごく喋り掛けてくるんですよね、あんまり好きではなえけど。改めて日本っていいなあと感じました笑

一人アメリカ人のサブオーナー?みたいな人もいて父が長らく話し込んでいました。

 

まとめ

名古屋の千種区方面に行く予定がある、もしくは住んでいるなら一度立ち寄ってみてくださいな。

池下をすっとんで覚王山に観光に行く人が多いので、穴場でゆっくりしたいならオススメです。

覚王山駅から徒歩で15~20分くらいだと思います。

 

お店情報

Shanties(シャンティーズ)

Location:〒464-0073 愛知県名古屋市千種区高見1-20-9

Website:ホームページ

私の私による私のためのハーフあるある

こんにちは、アメリカの現役大学生ことノエルです。

ブログのサブタイトルにもありますが、私はヨーロッパ系アメリカ人の父と名古屋系日本人の母の間に産まれた日米ハーフです。

日本国内にもハーフ人口がゾクゾクこの世に生を授かるようになった中、「ハーフあるある」というのをネット上でよく見かけるようになりました。

 

ネット上のハーフあるあるに疑問

ハーフが増えているという証なのですが、それと同時に自分の希少価値が薄れている気がしてなんとも複雑な気持ちに見舞われている筆者です。

「ハーフあるある」や「ハーフだから困っていること」についての投稿や書籍、記事を読むと、「あぁ確かにわかるかもしれない」と同感するものがある一方、「いやあ、それはちょっと違うなあ」と思うあるあるも多数。

と、いうことで世の中に出回っているハーフあるあるに対抗してハーフの私による私のためのハーフあるあるを綴っていきます。

むしろ「ノエルあるある」にでもしようかな。

 

改訂版ハーフあるある

 

英語で話しかけられたら英語で返しちゃう

顔が日本人に見えない私のようなハーフに日本語で話しかける勇者は正直あまりいません。

むしろ日本語で普通になに食わぬ顔で喋り掛けられたらそれこそびっくりします。

もちろん「日本語喋れますよ〜」と訂正する場合もありますが、ここは楽しみたいと思う筆者、あまり性格が良い行動とは思えませんが英語で喋り掛けられたら、いかにも日本語が分からない外国人みたく英語でしゃべり続けて、会話の最後の方に何気なく日本語に切り替えて相手が驚く顔を見てクスクス。

子供の頃英語で話されると「日本語喋れるのに失礼なっ」とイラついていた時もありましたが、今は「そりゃこんな顔してたら日本語分からんて思うわな。しゃーないしゃーない。」と思っています。

 

世界のどこにいても外国人

これはブログのタイトルにも繋がることなのですが、その国に行っても外国人なんです。

現在アメリカに住んでいますが、多少アクセントがあったり見た目だけではどこ出身かわからないそうで、日本にいる時ほどはっきり外国人扱いはされませんが、ほとんどの人には現地出身だとは思われません。

アメリカでは特にエキゾチック感がある人が好まれるのでなんだかんだ恩恵受けていますが…。

 

「え、日本語喋れるの?!いいなー」

これは海外で言われます。

とにかく私が日本語喋れることにびっくり。

白人系アメリカ人にも見えないけどまさか日本だったとは!とう感じですね反応が笑

アニメが大好きな外国人の食いつきが半端ではないです。

 

英語喋れることに逆にびっくりされる

ネットのおかげなのか、最近はハーフだからといって外国語が喋れる訳ではないという認識が広まってきているように感じる取れます。

「英語喋れるハーフってなんか珍しくない?」と言われたりします。

 

名古屋弁喋ってるだけなのに「ハーフだから日本語少し下手なんだね」と言われる

え….これはちょっと失礼だなと思うコメントです。

顔が外国人みたいなので聞こえるものが脳みそで勝手にそう処理されてしまうんでしょうね。

しょうがないような、わざわざ言わなくてもいいような…

女子高生ギャルでぶりっ子口調の人にこれを言われた時は本当にイライラしてしまいました。(ごめんね、イライラしてしまって。)

 

日本出身でありながら日本を外国人目線で見ることができる

父がアメリカ人なので親戚や知り合いに外国人がたくさんいるのですが、よく日本の好きなところや日本にいて気づいたことを教えてくれます。

日本国内にずっと居たら分からなかったことだったり、新しい日本の見方をこのように小さい時から学んだおかげで今でも些細なことにも目を向けられると思っています。

それに加えて、自分自身が外国人扱いされてきたのも影響していますね。

「日本人の特性」みたいな辞書が頭の中にしまってあります笑

 

昨日はアメリカ人の気分だったけど今日は日本人の気分

態度とか考え方とか、日によって日本人寄りになったりアメリカ人寄りになったりします。

日本人の気分お時は謙遜したりやけにおとなしいのですが(※だからといって日本人がみんなおとなしい訳ではありませんが、一般的にアメリカ人と比べて、という意味で)、アメリカ人の気分の時は友達と騒いだりやけに楽観的になったりします。

どちらの気分でもない時も多いのですが、そんな時はとっても自分らしくいられる時ですね。

きっと分かる人には分かる事象だと思います…

 

 

最後に

ハーフが日本でも増えている中、出回るようになった「ハーフあるある」

分かるものもあればピンとこないものもたくさんあります。

ここで私が言いたいのは、「日本人だから」とか「ハーフだから」などと無意識に枠に入れて他人と関わっている人が多いと思うので、もっと一人一人違う人間だという意識を持って個性をお互い尊重できる人が増えれば良いなということです。

今回ハーフあるあるを作ったのはたまたま私自身がハーフだったというだけで、個性の一つにしか過ぎません。

 

ノエル