ニューヨーク 地下鉄

【弾丸ひとり旅前半】やっぱり行きたくなって行ってしまったワシントンDCからニューヨーク旅

日本からアメリカに上陸して2日目、新学期まで1週間

こんにちは、昨日バスに財布を忘れクレジットカードとデビットカード、定期券、そして学生証をごっそり紛失したノエルです。

このストーリーについても後にブログに書こうと思っていますので、おた….のしみ……………..に…..?

この間の本当は計画を立てるのが嫌いな私・予定に脅迫されていると感じる理由のブログでちらっと言ったように、つい先日1人でニューヨークに行ってきました。

 

日本からアメリカに戻ってきた時なんてそんな予定は無かったけれど、持ち前の「思い立った時の行動力」で、次の瞬間には行きと帰りのバスを予約していました。

思い立った時に行動しないと、(行くことに対してのメリット・デメリットを)いつまでも考え込んでしまって、(放置してると頭の中が多動になるんです)結局何もやらないで悔しい思いをするので…

つまりこれは直感行動なのですが、それにもマイナスな面はあります。

ですが、練りに練って……、と思い立ったらすぐ行動……、を比較した時の全体的なメリットを考えると後者に軍配が上がるのです。

 

まあ、今回のニューヨークの件はふと思った時いつも「行きたいなあ」と思っていたので即決、というのもありましたね。

 

電車でも行けるけどあえてバスでニューヨークへ

現在、ワシントンDCの郊外に住んでおります(ほとんどワシントンDCみたいなもの)。

どちらも東海岸の主要都市なのでDC・ニューヨーク間はいつでも電車やバスが運行しているのですが、電車だと片道2時間半(片道$90〜$300)くらい、バスは4時間〜4時間半ほどかかります。

しかし、ご察しの通り”Time is money……..!”

 

(おっとここで経済学の講義が始まったようです。なぜか筆者は教壇に立っています。)

時間が “かかる” ほど、お金は “かからない”、ここまではわかりますよね?

つまり、この場合時間がより “かかる” バスの方がお金は “かかりません”。

ですがねみなさん、DC-NYC間のバス業者は電車と比べた時の余分な「1時間半」の料金設定を少し間違えた?ようです。

往復バスを調べると….なんと「$2」と記載されている。

ここで同じページを再読み込みする。

またしても「$2」。

どうやら本当にDCからニューヨークまで片道1ドルで行けるらしい。

安いものは好きだが、安すぎる時は異常なほどまでに疑う私。

さらにいろいろ調べてみたがやっぱり公式の値段らしい。

しかし、バスチケットをオンラインで購入しようと思ったその時、

 

…………行きたい日の券はもう売り切れていた………..。

ですよ…ねぇ。

 

それでもやはりバスは安かった。

出発2日前の予約だったのにも関わらず、往復券を$32で購入することができた。

「$2」を見てしまったから高く感じたが、名古屋ー東京間を3000円ほどで往復できると考えると安い。

 

というわけで、めでたくニューヨークまで行く交通が確保されました。

 

DCからニューヨークまでのバス旅

こりゃまた楽しかったです。

朝早くに最寄りのDCメトロ(カレッジパーク・メリーランド大学駅)で電車に乗り、DC都市部まで。

ワシントンDC メトロ

黒スニーカー コーデ

ワシントンDC メトロ

ワシントンDC メトロ

ワシントンDC メトロ

ワシントンDC 地下鉄

 

そして歩いて高速バス停まで。

バス会社の人に名前を告げてそのまま乗車。

バスの乗客は私を含めた7人くらい。

好きな場所に座りたい放題です。私はもちろん最後尾。

席がちょっと高めなので見晴らしが良く好きなんです。

 

ニューヨーク 高速バス

ニューヨーク 高速バス

ニューヨーク 高速バス

ニューヨーク 高速バス

そして何より後ろが好きなのは、後車輪の真上なのでちょっとした凹凸でもトランポリンみたいに跳ね上がることができてすごく楽しいんですこれが!

ニューヨーク 一人旅

そうしてぴょんぴょんしながら写真を撮って、空想にふけっているともうニューヨークに着いちゃっていました。

 

ニューヨーク到着、さてどうしよう

ニューヨーク 一人旅

午前11時にニューヨークに到着したものの、計画なしで来たので次の目的地を考えました。

ニューヨークへは前に来たことがあるのですが、相当昔だったので実質初めてです。なので、まずただふらふら歩いて土地勘を掴むとこから始めました。

「なるほど、北はこっちでこっちが南ね。こっち行けばあれがあるのね。」

と、大体掴めてきたところで「General Central Plaza Station」近くのサラダ専門店でひとまず休憩。

ネットで行きたいところをここで検索。

落ち着いていて芸術的なところ、且つ古着がありそうなところに行きたかったので迷わず「Soho」に行くことを即決。

ニューヨーク 地下鉄

ニューヨーク 地下鉄

ニューヨーク 地下鉄

 

地下鉄で行くのですが、たまたま私が乗った車両のエアコンが止まっていて、サウナ状態の中ソーホーまで。

 

Screen Shot 2017-08-28 at 4.58.39 PM

 

改札を出て、地上にでた瞬間「あ、好きだわ。」と心の中でつぶやく。

カラフルで年季の入っているアパートが連なっており、その一階一階にはブティック、古着屋、そして小さなギャラリーたち。

 

ニューヨーク 靴屋ニューヨーク 一人旅

ニューヨーク 一人旅

ニューヨーク 古着屋

ニューヨーク 一人旅

ニューヨーク 一人旅

ニューヨーク 一人旅

ニューヨーク 一人旅

 

くぅ、やられた。

どうしてあなたは私の好みをここまで分かっているの、と街一帯に問いかけたい。

 

そのあとは歩き回って、いろんなお店にお邪魔しながら店主とお話をしたりしているとあっという間に時間が過ぎて行きました。

途中、あまりにも撮りたくなったホームレスの人を見かけたので、一度通り過ぎるもUターンして撮ってもいいかと交渉。

「$20」と言われたので「むりむり〜そんな高かったら撮らないよ〜ばいばーい。」

って言ったら$2に値下げしてくれたので即交渉成立。

ありがとう、おじさん。

これがその時撮った写真です。

ニューヨーク ホームレス

 

そのあと再び歩き始めると、とても好みそうなブランドを見つけたのでお店の中に入ってみると、セールのTシャツを気に入ったので購入しました。

ニューヨーク ブティック

ニューヨーク ブティック

ニューヨーク ブティック

ニューヨーク 一人旅

そのお店のマネージャーとも仲良くなり、アート系の仕事やインターンの情報を送ってくれる、と、なんとも嬉しいではありませんか。

 

私が一人旅を好むのは、現地の人とより繋がることができること。

誰かと一緒に旅行しているとやっぱりそちらに集中してしまう。

世界中にネットワークを広げる感覚がある、これだから一人旅はやめられない。

 

ニューヨーク弾丸旅前半終了

区切りがやや中途半端な気もしますが、まだまだ先にある書きたいことを考えてここでひとまず前半終了。

バスの中がとっても快適だったこと、ニューヨークの地下鉄は思ってたほど汚くなかったこと、そしてSohoが最高だったこと、どれもとてもいい思い出になりました。

数時間の間にもいろんな人に出会えたし、順調にスタートを切ることができました。

北海道旅記(参考:【北海道1日目 支笏湖・白い恋人パーク・キロロリゾート】カメラ好きにはたまらない北海道の魅力満喫旅)みたく、シリーズ形式になっているので次回もお楽しみにしていてください。

 

 

ノエル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中